島津斉彬
自筆和歌短冊

オンラインショップ 山田恵諦 天台座主 福聚海無量 一行 共箱

島津斉彬

Shimazu Nariakira 1809-1858 薩摩藩主

 

自筆和歌短冊

 

四海波静

 異国の舩のたよりも跡たえて 

 なミしつかなる四方の海はら 斉彬

 

極美品

 

紙本短冊 36.4 × 6.1

 

在庫、価格はお問い合わせください。

<島津斉彬>

文化6年(1809)9月28日生まれ。島津斉興の長男。通称は又三郎。号は惟敬、麟洲。嘉永4年(1851)11代薩摩藩主となる。集成館を設立し、殖産興業、富国強兵を奨める。養女篤姫(天璋院)を13代将軍徳川家定の正室に入れ、西郷隆盛を重用し、将軍継嗣問題では一橋慶喜擁立を進めるが、安政5年(1858)7月16日歿、50歳。


森下美術 ホーム ≫ ギャラリー ≫ 島津斉彬