東山焼 鯉皿 30枚揃

ギャラリー 東山焼 鯉皿 播陽東山 姫路藩

東山焼 鯉皿 30枚揃

 

高台内に描き銘「播陽東山」

 

箱蓋 表「すし皿 三拾人前」

箱蓋 裏「天保五午年七月」(天保5年=1834年)

 

径 約12.0㎝ 高さ 約2.9㎝ ※作品によって若干の誤差あり

 

縁裏にホツあり:1枚、高台に小さなホツあり:数枚、窯傷あり:数枚

 

◎東山焼最盛期の天保当時の箱とともに、一枚も紛失せずに伝来したことが貴重な一品

 

在庫、価格はお問い合わせください。

<東山焼>

東山焼は江戸時代後期に始まり、家老河合寸翁によって姫路藩の藩窯になり、献上品など多種にわたる磁器を生産しました。その藩窯としての最盛期は数十年と短いが、多くの優品が生み出されました。