美術品や買取に関する様々な疑問や質問を集めたQ&Aです。

Q & A

ⅰ 買取に関するQ&A

Q1. 買取にはどのような方法がありますか?»

A1.主に現金買取です。その他オークション出品や委託販売がございます。最適な方法をご提案いたします。«

""

Q2. 買取を依頼したら売らないとだめですか?»

A2.いいえ、査定価格にご満足いただけなければお断りいただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。«

""

Q3. 汚れたり、傷んでいる物でも買取してもらえますか?»

A3.大丈夫です。是非拝見させて下さい。シミ、折れ、虫食い、破れ、汚れなどがあっても結構です。«

""

Q4. 営業時間外でも買取は可能ですか?»

A4.はい、あらかじめご予約いただけましたら、土日祝日を含め営業時間外でも大丈夫です。ただし営業時間外の突然のご来店やお電話にはご対応できません。«

""

Q5. 買取できないものは何ですか?»

A5.贋物、複製品は買取することはできません。買取後判明した場合は返品いたします。
また象牙に関しては「牙の形を有するもの」は買取することはできません。
«

""

Q6. 鑑定はしてもらえるのですか?»

A6.買取の場合にのみ、当店の意見を失礼ながら申し上げます。所定鑑定機関や所定鑑定人がいる作家の作品はそちらに正式鑑定(有料)をご依頼下さい。 «

""

Q7. 買取の際に必要なものはありますか?»

A7.特にはございませんが、依頼者様の身分証明書(運転免許証など)のご提示が買取成立の際に必要となります。«

""

Q8. 作品の中身だけ持参でも査定可能ですか?»

A8.掛け軸や陶磁器などの箱、絵画の額縁やケースも必ず一緒にご持参下さい。運搬中に傷む危険があることと全ての姿が分からないと査定できません。«

""

Q9. 買取査定と時価評価はどう違うのですか?»

A9.買取査定はご売却の際に査定額をご提示することです(一切の費用はかかりません)。真贋の精査をいたします。
時価評価はご売却を前提とせず、その時の作品のお値段(時価評価額)を評価報告書にまとめることです(有料)。
«

""

Q10. どんなものでも無料で出張可能ですか?»

A10.遠方の場合、内容と数量によります。内容によっては無料出張できない場合がございます。内容や数量を可能な範囲でお知らせいただけると助かります。«

""

Q11. 見積りだけでも無料出張可能ですか?»

A11.基本、無料出張は買取が前提のサービスです。真贋や作者を知りたいだけ(売却を前提としない)の場合はご来店をお願いします。«

""

Q12. 電話で査定額を教えてもらえますか?»

A12.申し訳ありません。作品の現物を拝見せずにはお答えできません。ご来店が難しい場合は、出張買取またはLINEによる簡易査定の方法がございます。«

""

Q13. 親戚や知人の物を売りたいのですが?»

A13.ご仲介の場合は、「所有者の委任状と身分証明書」と「仲介者の身分証明書」をご準備下さい。3親等以上離れた親族も仲介者と同様となります。«

""

Q14. 数回に分けての売却も可能ですか?»

A1.お客様のペースでご売却をご検討下さい。ただし流行や売り時の物があります。ご相談下さい。«

""

ⅱ 美術品に関するQ&A

Q1. 掛軸にシミや傷み、折れがあるのですが?»

A1.修理ができるか、できないのか、またその費用などお問合わせ下さい。京都の表具師や額縁屋をご紹介します。«

""

Q2. 作品に書かれている文字が読めません。»

A2.当店では有料にて古文書解読を行っておりますので、是非ご利用下さい。古文書解読ページをご参照下さい。«

""

Q3. どの美術品が将来値上がりしますか?»

A3.投資や転売目的での購入はおすすめいたしません。«

""

Q4. 掛け軸の扱いや保存の仕方が分かりません。»

A4.ちょっとしたやり方でシミや虫から美術品を守ってあげられます。またきれいに見える箱紐の掛け方、掛け軸の紐の巻き方や美術品の扱い方をお伝えいたしますので、お気軽にお尋ね下さい。«

""

ⅲ 森下美術に関するQ&A

Q1. 不定休とのことですが、いつ休日かわかりますか?»

A1.基本的に毎日営業しておりますが、出張等でやむを得ず休日や不在になる場合がございます。
折角のご来店時に不在だとご迷惑おかけいたしますので、お手数ですが事前にご予約いただければ助かります。
«

""

Q2. メールアドレスはありませんか?»

A2.メールアドレスは公開しておりません。お問い合わせフォームまたはLINEをご利用下さい。
LINEでは写真をお送りいただけます。
«

""

Q3. 新型コロナウィルス対策としてどのようなことをしていますか?»

A3.基本的にマスクの着用、テーブルや自動ドアのアルコール消毒、手指の消毒ジェルの設置、冬季は加湿器による湿度調整をしています。そして接客時間のスピーディー化に努めています。
お客様には、マスクのご着用と少人数でのご来店をお願いしております。
«

""

ご質問・ご相談は、電話・フォーム・LINEをご利用下さい

森下美術 電話 079-222-7888
森下美術 お問い合わせフォーム
森下美術 公式LINEアカウント